ニキビを皮膚科で治療すると、外用薬や内服薬を処方されます。ニキビの原因となるのはアクネ菌なので、それを殺菌できる抗生物質を配合した外用薬が一般的です。アクアチムクリームやダラシンTゲルなどが有名で、炎症している場合にも使えます。また毛穴が詰まらなければ炎症が起こらないので、ディフェリンゲルやトレチノインも有効です。これらは肉眼では確認できない毛穴の詰まりや、角質層の過角化も改善するためニキビを改善するだけでなく予防も行います。内服薬は重症の時に用いており、抗生物質ではルリッドやクラリス、ミノマイシンが代表的です。ストレスなどで女性ホルモンの分泌量が減っている人には、低用量ピルを処方してホルモンバランスを整えます。さらにビタミンが不足すると皮脂の過剰分泌が促進されるので、ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6を含むビタミン剤を処方することもあります。皮膚科の設備が充実していれば、ニキビを治療する施術を受けられます。ケミカルピーリングは毛穴の詰まりを解消する効果があり、イオン導入やレーザー治療なども行われます。男性はひげ剃りが原因で肌トラブルを起こすことがあり、レーザー脱毛でひげ剃りから解放するアプローチもあります。皮膚科ではできてしまったニキビを治すだけでなく、これからも綺麗な肌を維持できるように生活習慣のアドバイスを行っています。患者は治療を受けるだけでなく、医師の指示を守ることが大切です。

大人になってからできるいわゆる大人ニキビの原因は、食生活の乱れによる栄養の偏り、寝不足、運動不足、不規則な生活リズム、スキンケア不足による肌の乾燥、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドの減少、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、喫煙、疲労などがあります。大人ニキビの特徴としては、同じ箇所に何度も繰り返しできる、色素沈着しやすく跡が残りやすい、なかなか治らない、頬や顎や口の周りや首筋などのフェイスラインにできやすいなどがあります。成長ホルモンの影響でできる思春期の頃にできるニキビとは全く性質が異なるものです。対策としては、ビタミンやミネラルやタンパク質などの栄養素をバランス良く摂取するために様々な食材を満遍なく食事のメニューに取り入れる、代謝を促すために水分をこまめに摂取する、しっかりと睡眠をとって成長ホルモンの分泌を促したり自律神経の乱れを整えてストレス解消や疲労回復に努める、適度な運動を心がけてめぐりの良い体質をつくる、規則正しい生活リズムを身につけるなどを意識する必要があります。そして、大人ニキビの大敵は肌の乾燥なので毎日の保湿ケアで肌にたっぷりとうるおいをチャージすることが大切です。保湿ケアにより肌のうるおいがアップすれば角質のバリア機能がアップし、ターンオーバーも活性化されて肌細胞の再生も速くなるのでニキビができにくい肌環境をつくることができます。生活習慣の改善と毎日の保湿ケアで対策に努めていきましょう。

ニキビには乾燥が原因でできるものと皮脂の過剰分泌が原因でできるものがあります。ニキビができる場所によってそれを見分けることができます。額や鼻などのTゾーンにできるものは皮脂の過剰分泌が原因となるものです。思春期ニキビなどがこれにあたります。改善させるためのケアの方法としては、洗浄力が強い洗顔料を使用して毛穴に詰まった皮脂や角栓や汚れをしっかりと洗い落として肌を清潔に保つということが大切です。皮脂の分泌を抑える効果がある成分が配合されている化粧品の使用などもおすすめです。頬や顎や首筋や口の周りなどのUラインにできるものは乾燥が原因でできるものです。大人ニキビがこれにあたります。効果的なケアの方法としては、とにかく保湿を徹底するということです。保湿効果が高い化粧品を使用して肌にたっぷりと水分をチャージしてうるおいに満ちた肌に導きましょう。肌の水分量がアップすると角質のバリア機能も高くなりターンオーバーも活発になります。そのことにより角質が健やかになり肌トラブルを起こしにくい肌環境をつくることができます。体の中からのケアとして、保湿効果があるコラーゲンやヒアルロン酸やプラセンタやセラミドなどの美容成分が配合されているサプリメントやドリンク剤を摂取するという方法も有効です。化粧品でのスキンケアとの相乗効果が期待できます。ニキビができる場所によってケアの方法も異なりますので、自分がどの原因に当てはまるのかをきちんと見極めて対策に努めましょう。

1
・ニキビ予防では正しい洗顔が大切

美肌を作り維持していくためには、正しいスキンケアが欠かせません。特に洗顔は清潔に保つためにも重要です。誰もが毎日洗顔をしていると思いますが、洗願も正しく行わないと逆効果となる場合があります。ニキビ予防のためにも正しく洗願を行いましょう。

洗願を行う目的は肌の余分な皮脂や汚れを洗い落とすことです。肌を清潔にする事で皮膚が正常な再生サイクル機能が働きます。

そして、ニキビ予防では肌を清潔に保つ事ですが、洗いすぎると逆効果です。朝と夜の一日2回に留めましょう。何回も洗顔を行うと必要な皮脂まで洗い流し、乾燥による肌荒れ、皮脂分泌が過剰になりニキビができてしまいます。そして、洗願の時も熱いお湯を使用するのは避けましょう。これも皮脂を落としすぎる原因になります。そして、洗顔料で洗った後のすすぎも重要です。洗い残しによってトラブルを生む場合もあるので、すすぎは念入りに行いましょう。タオルドライもゴシゴシ拭いていませんか。優しく水分を拭き取るようにしましょう。一度、自身の洗顔方法を見直してみて下さい。

ニキビ予防と同時に痩身エステにも通い全身キレイにしちゃいましょう。

忙しいときはついスキンケアに手を抜きがちになってしまうので、私は最近になって時短スキンケアをできるオールインワンゲルを購入しました。
オールインワンゲルには化粧水、乳液、美容液などの成分がすべて含まれているので、あっという間にスキンケアを完了させることができ、本当に役立っています。
また、中には化粧下地の効果もあるオールインワンゲルもあるため、私はそれを使ってメイク時間の短縮にも成功できました。
子育てに忙しい主婦の方や、出勤時間が早い社会人の方など、スキンケアをする時間さえ惜しいという方には、是非オールインワンゲルを使ってみて欲しいです。
一度使用してしまうと、もう以前のような時間の掛かるスキンケアには戻れなくなってしまうと思いますよ。
オールインワンゲルと一口で言っても、保湿タイプ、敏感肌用、ニキビ肌用など様々な種類がありますから、自分にピッタリの一つがきっと見つけられると思います。
私は乾燥肌なので、保湿成分がたっぷり含まれているオールインワンゲルを使用していますが、少量でもきちんと肌の内部まで潤してくれるので、乾燥は全く気にならなくなりました。

http://www.jeia.gr.jp/

2
正しい洗顔の仕方

毎日何気なく行っている洗顔。
しかしその洗顔方法が実は間違っているかもしれません。

毎日の洗顔をお湯で洗ってはいませんか?
寒い時期などは温かいお湯で洗いたくなりますが、これは間違いです。
お風呂の温度40度程度のお湯での洗顔は肌に必要な皮脂を取りすぎてしまうために肌が乾燥しやすくなってしまいます。

逆に冷水での洗顔だと汚れが十分に落ちない可能性があります。なのでおススメの洗顔の温度は30度前後です。
ぬるま湯での洗顔をおススメします。

またニキビが気になるからと一日に何度も石鹸で洗顔をする話を聞くことがありますがそれも間違いです。

汗やほこりは石鹸を使わなくてもぬるま湯洗顔で十分に落とすことができます。
汗が気になった時にはぬるま湯で洗顔しましょう。
石鹸での洗顔は夜のみ、もしくは朝と夜と決めるといいでしょう。

石鹸を使った洗顔時にも注意が必要です。石鹸をよ~く泡立てて使用することが大切です。ツノが立つぐらい泡立てましょう。
そうすることで皮脂を取りすぎる、肌を傷つけることがなくなります。
正しい洗顔をして理想の肌を手に入れましょう。

洗顔の際のお湯の温度を意識してみましょう。
それだけでも肌質の改善につながる場合があります。

洗顔時のお湯の温度は35度くらいがベストです。
この温度には理由があります。
お肌の皮脂を落としすぎることもなく、また皮脂の固形化を防ぐちょうどいい温度なのです。

お肌には皮脂と汗が混ざり合ってできた皮脂膜というものが存在します。
これはお顔全体を覆い、お肌を乾燥や刺激から守ってくれています。
しかし洗顔するお湯の温度が高いとこの皮脂膜も一緒に洗い流してしまいます。
お湯で食器を洗うと手が荒れるのと同じです。

だからといって冷たすぎるのも良くありません。人間の皮脂は25度以下で固形化します。

皮膚温が下がってしまうと、皮脂と汗がなじまず皮脂膜を形成させることができなくなります。
更に毛穴内で固まってしまうとニキビや小鼻の黒ずみの原因にもつながります。

触ってぬるいと感じるのを目安にお肌に優しい温度で洗顔を心がけましょう。
正しい洗顔はお肌の機能を向上させ、肌質を改善させることができます。

3
肌を保湿するならお風呂あがりがおすすめ!

私は乾燥する季節になると、毎日のお風呂あがりに保湿ケアをするようにしています。風呂あがりは全身が濡れているので、肌を一度に広い面積を保湿ケアできるいい機会なのです。

濡れた肌が乾く時に、内側の水分も一緒に蒸発するというのをどこかの生地で読みました。確かに、風呂あがりはしっとりしていても1時間も経ったら感想で肌が痒くなっているというのはありがちです。

その必要な水分を閉じ込めるためにも、ボディバターなどの保湿クリームなので蓋をしてやるのが肌の乾燥には効果的だと言われています。

私は主に背中と足の乾燥に悩んでいたのですが、風呂あがりにボディバターを毎回塗るようにしてから痒みを防ぐことができました。短時間にできるケアですし、クリームはなんでもいいので特別に手間やお金がかかってしまうということもありません。毎日繰り返すことによって乾燥しがちな肌も綺麗なものになっていくと思われますので、毎日継続して行うことが大切です。

毎日きちんとクレンジングと洗顔をしているのですが、くすみといちご鼻が気になります。

いちご鼻を隠そうとしてファンデーションを塗っても、時間が経つとポツポツしてとても汚くなるので、本当に憂鬱です。

エステにでも通わないと無理なのかなと諦めていたある日、通信販売のカタログの中に入っていた折込チラシに、「どろあわわ石鹸」の記事が載っていました。愛用されている方の肌の美しさに感動したので、私も注文して使ってみることにしました。

どろあわわ石鹸を手のひらに適量取り、水を少し加え泡立てネットを使って泡立てると、直ぐにモコモコのしっかりとした泡が大量にできました。
泡を肌の上に乗せ、顔全体を優しくマッサージしました。
いちご鼻は、念入りにクルクルとマッサージをしてから洗い流しました。
泡切れがとても早いのが、良いですね。
洗い上がりの肌は、しっとりもっちりツルツルで、透明感もアップしていました。
どろあわわ石鹸のおかげで、いちご鼻やクスミの悩みが無くなり、毎日鏡を見て微笑む回数が増えました。

4
季節の変わり目や生理前などに肌が揺らぎやすいのが悩みだったのですが、そんな私の肌を強くしてくれたのが花王のキュレルでした。
肌が揺らいでいる時はいつも化粧水が染みたり乾燥が気になって仕方なかったのですが、そんな時にCMでキュレルの事を知り、何となく弱った肌に良さそうだなと言う事で早速翌日買いに走りました。
キュレルには化粧水を始め基礎化粧品のラインナップがかなりあるのですが、どの化粧品にも含まれている成分がセラミドなのです。
このセラミドは肌の奥深くにまで浸透して角質層を水分で満たしてくれるのですが、その効果によって肌が乾燥しにくくなり次第に刺激や環境に左右されない強い肌にしてくれるのです。
実際使い始めてから1年ほど経過しているのですが、そういえば最近肌荒れしていないなあと思うくらい肌荒れとは無縁の肌をキープしています。
美肌を保つにはやはりセラミドが鍵なんだと実感しているのですが、キュレルは極度の敏感肌の方でも安心して使えるのでとてもお勧めです。

朝の洗顔は絶対にしない、これが私のお肌の手入れの方法です。
夜お風呂に入ってから寝ると思いますが、寝ている間にたくさんの汗をかいていますし、何となく朝は顔をあらわなければスッキリしないという気持ちもわかります。
ですが、朝起きた時に顔にでている皮脂は、お肌にとって最高の美容液だというように言われています。
その天然の自分に1番合った美容液を洗い流してはもったいないです。

ですから、朝の洗顔をせずに、そのまま基礎化粧品をつけて、メイクをするのが、お肌にとって負担がかからないのです。それに、あまり顔を洗ってしまうと、お肌の皮脂がなくなってしまうため、体が「もっと脂を出さなければいけない」と反応してしまいます。
その結果起こることは、ニキビ肌です。
しかも、乾燥ニキビになることが多いです。乾燥ニキビは普通のニキビよりも手ごわいですから、洗顔なしにこれが防げるなら、朝の仕事が1つなくなる上に、お肌にとっても効果的な方法となるので、おすすめです。