ニキビには乾燥が原因でできるものと皮脂の過剰分泌が原因でできるものがあります。ニキビができる場所によってそれを見分けることができます。額や鼻などのTゾーンにできるものは皮脂の過剰分泌が原因となるものです。思春期ニキビなどがこれにあたります。改善させるためのケアの方法としては、洗浄力が強い洗顔料を使用して毛穴に詰まった皮脂や角栓や汚れをしっかりと洗い落として肌を清潔に保つということが大切です。皮脂の分泌を抑える効果がある成分が配合されている化粧品の使用などもおすすめです。頬や顎や首筋や口の周りなどのUラインにできるものは乾燥が原因でできるものです。大人ニキビがこれにあたります。効果的なケアの方法としては、とにかく保湿を徹底するということです。保湿効果が高い化粧品を使用して肌にたっぷりと水分をチャージしてうるおいに満ちた肌に導きましょう。肌の水分量がアップすると角質のバリア機能も高くなりターンオーバーも活発になります。そのことにより角質が健やかになり肌トラブルを起こしにくい肌環境をつくることができます。体の中からのケアとして、保湿効果があるコラーゲンやヒアルロン酸やプラセンタやセラミドなどの美容成分が配合されているサプリメントやドリンク剤を摂取するという方法も有効です。化粧品でのスキンケアとの相乗効果が期待できます。ニキビができる場所によってケアの方法も異なりますので、自分がどの原因に当てはまるのかをきちんと見極めて対策に努めましょう。