2
正しい洗顔の仕方

毎日何気なく行っている洗顔。
しかしその洗顔方法が実は間違っているかもしれません。

毎日の洗顔をお湯で洗ってはいませんか?
寒い時期などは温かいお湯で洗いたくなりますが、これは間違いです。
お風呂の温度40度程度のお湯での洗顔は肌に必要な皮脂を取りすぎてしまうために肌が乾燥しやすくなってしまいます。

逆に冷水での洗顔だと汚れが十分に落ちない可能性があります。なのでおススメの洗顔の温度は30度前後です。
ぬるま湯での洗顔をおススメします。

またニキビが気になるからと一日に何度も石鹸で洗顔をする話を聞くことがありますがそれも間違いです。

汗やほこりは石鹸を使わなくてもぬるま湯洗顔で十分に落とすことができます。
汗が気になった時にはぬるま湯で洗顔しましょう。
石鹸での洗顔は夜のみ、もしくは朝と夜と決めるといいでしょう。

石鹸を使った洗顔時にも注意が必要です。石鹸をよ~く泡立てて使用することが大切です。ツノが立つぐらい泡立てましょう。
そうすることで皮脂を取りすぎる、肌を傷つけることがなくなります。
正しい洗顔をして理想の肌を手に入れましょう。

洗顔の際のお湯の温度を意識してみましょう。
それだけでも肌質の改善につながる場合があります。

洗顔時のお湯の温度は35度くらいがベストです。
この温度には理由があります。
お肌の皮脂を落としすぎることもなく、また皮脂の固形化を防ぐちょうどいい温度なのです。

お肌には皮脂と汗が混ざり合ってできた皮脂膜というものが存在します。
これはお顔全体を覆い、お肌を乾燥や刺激から守ってくれています。
しかし洗顔するお湯の温度が高いとこの皮脂膜も一緒に洗い流してしまいます。
お湯で食器を洗うと手が荒れるのと同じです。

だからといって冷たすぎるのも良くありません。人間の皮脂は25度以下で固形化します。

皮膚温が下がってしまうと、皮脂と汗がなじまず皮脂膜を形成させることができなくなります。
更に毛穴内で固まってしまうとニキビや小鼻の黒ずみの原因にもつながります。

触ってぬるいと感じるのを目安にお肌に優しい温度で洗顔を心がけましょう。
正しい洗顔はお肌の機能を向上させ、肌質を改善させることができます。