3
肌を保湿するならお風呂あがりがおすすめ!

私は乾燥する季節になると、毎日のお風呂あがりに保湿ケアをするようにしています。風呂あがりは全身が濡れているので、肌を一度に広い面積を保湿ケアできるいい機会なのです。

濡れた肌が乾く時に、内側の水分も一緒に蒸発するというのをどこかの生地で読みました。確かに、風呂あがりはしっとりしていても1時間も経ったら感想で肌が痒くなっているというのはありがちです。

その必要な水分を閉じ込めるためにも、ボディバターなどの保湿クリームなので蓋をしてやるのが肌の乾燥には効果的だと言われています。

私は主に背中と足の乾燥に悩んでいたのですが、風呂あがりにボディバターを毎回塗るようにしてから痒みを防ぐことができました。短時間にできるケアですし、クリームはなんでもいいので特別に手間やお金がかかってしまうということもありません。毎日繰り返すことによって乾燥しがちな肌も綺麗なものになっていくと思われますので、毎日継続して行うことが大切です。

毎日きちんとクレンジングと洗顔をしているのですが、くすみといちご鼻が気になります。

いちご鼻を隠そうとしてファンデーションを塗っても、時間が経つとポツポツしてとても汚くなるので、本当に憂鬱です。

エステにでも通わないと無理なのかなと諦めていたある日、通信販売のカタログの中に入っていた折込チラシに、「どろあわわ石鹸」の記事が載っていました。愛用されている方の肌の美しさに感動したので、私も注文して使ってみることにしました。

どろあわわ石鹸を手のひらに適量取り、水を少し加え泡立てネットを使って泡立てると、直ぐにモコモコのしっかりとした泡が大量にできました。
泡を肌の上に乗せ、顔全体を優しくマッサージしました。
いちご鼻は、念入りにクルクルとマッサージをしてから洗い流しました。
泡切れがとても早いのが、良いですね。
洗い上がりの肌は、しっとりもっちりツルツルで、透明感もアップしていました。
どろあわわ石鹸のおかげで、いちご鼻やクスミの悩みが無くなり、毎日鏡を見て微笑む回数が増えました。